12/5トークイベント

アメリカと北朝鮮の戦争、「負ける」のは誰か? 〜今、知っておきたい安全保障の基礎知識

集英社新書『「天皇機関説」事件』刊行記念トークセッション

 
一たび戦争が起きたら、日本はどうなる?
安倍政権が語らない
戦争・自衛隊・憲法改正の真実!

1935年に起きた「天皇機関説」事件。天皇を崇拝する政治家や軍人、右翼団体などが中心となって政治的な弾圧を行い、立憲主義が事実上、機能停止に陥りました。

徒党を組み、言いがかりをつけて相手を黙らせる──。当時行われた言論弾圧の手法です。この手法は、2017年の現在も生き残っています。例えば、灘高校で起きた歴史教科書の採用を巡って、多数の抗議文が届いた「事件」。また、政権批判の報道を「偏向」と決めつけ、徒党を組んで圧力をかける集団攻撃にもそれを見ることができます。

では、1935年の「天皇機関説」事件の2年後、何が起きたのでしょうか。破局的な戦争の始まりです。

2017年に生きる私たちには、どのような結末が待っているのでしょうか。それを知るためにも私たちは、政治家が「語る」こと以上に、何を「語らない」のかに、もっと注視する必要があるように思います。

そこで今回の対談では、『「天皇機関説」事件』の著者の山崎雅弘さんと、自衛隊問題に詳しいジャーナリストの布施祐仁さんが、この「事件」から学ぶべきことや、安倍政権が語らない「戦争」で日本が受ける「被害」、そして憲法改正への流れについて論じます。

●出演者

山崎雅弘(やまざきまさひろ)

1967年、大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。『日本会議 戦前回帰への情念』(集英社新書)、『戦前回帰 「大日本病」の再発』(学研プラス)、『5つの戦争から読みとく日本近現代史―日本人として知っておきたい100年の歩み』(ダイヤモンド社)など、著書多数。

布施祐仁(ふせゆうじん)

1976年、東京都生まれ。ジャーナリスト。『ルポ イチエフ 〜福島第一原発レベル7の現場』(岩波書店)にて平和・協同ジャーナリスト基金賞、JCJ賞を受賞。著書に『経済的徴兵制』(集英社新書)、『主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿』(集英社クリエイティブ)など多数。

日時

2017年12月5日(火) 19:00~21:00 (18:30開場)

※開場前でも書店コーナー・喫茶コーナーでお待ちいただくことができます(喫茶コーナーでお待ちの際はワンドリンクオーダーいただいております)。

場所

神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)東京都新宿区神楽坂6-43 K’s Place 2F

●チケット

前売り¥2,000(ワンドリンク込)
スペシャルティコーヒー
ハートランドビール
グラスワイン
ソフトドリンクなど

●お申し込み方法

①か②の方法

①Peatix(Webチケット販売サイト)

http://peatix.com/event/324147

②電話予約(当日店頭払い)

03-3266-0517

※当店スタッフにお声を掛けていただいてもご予約いたします。

集英社新書『「天皇機関説」事件』

http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0878-d/

帯あり