12/15トークイベント★終了

–¼Ì–¢Ý’è-1

作家とジャーナリストの眼に、現在の沖縄はどう映るのか――。「沖縄ブーム」「沖縄問題」と軌を一にし、変質していく沖縄の自然環境・文化・風土などに触れ続けてきた仲村清司氏は、<遺言>的な内容で占められた新刊『消えゆく沖縄』で、これまで決して語ることのなかった心情を吐露し、大きな話題を巻き起こしている。一方、ある作家が「沖縄の二つの新聞は潰さないといけない」と発言し、ときに「偏向報道」と批判される『琉球新報』と『沖縄タイムス』の二紙の記者の声を丹念に拾い上げ、沖縄が置かれてきた歴史的な経緯を踏まえて綴られた安田浩一氏の『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』は、沖縄におけるジャーナリズムの役割について再検討した〝熱い〟一冊。二十年以上にわたって沖縄を見続けてきた二人による、沖縄の<過去・現在・未来>を考える刺激的な対談。司会は、ノンフィクション作家の藤井誠二さん。

●出演者

仲村清司(作家・沖縄大学客員教授)

安田浩一(ジャーナリスト)

司会:藤井誠二(ノンフクション作家)

日時

2016年12月15日(木) 19:30~21:30 (19:00開場)

※開場前でも喫茶スペースでお待ちいただくことができます(ワンドリンクオーダーいただいております)。

場所

神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)東京都新宿区神楽坂6-43 K’s Place 2F

●チケット

前売り¥2,500

ワンドリンク付き
スペシャルティコーヒー
ハートランドビール
グラスワイン
ソフトドリンクなど 

●お申し込み方法

①か②の方法

 ①Peatix(Webチケット販売サイト)

http://peatix.com/event/218042/view

②電話予約(当日店頭払い)

03-3266-0517

※当店スタッフにお声を掛けていただいてもご予約いたします。